黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

4月に読んだ本

2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2074ページ
ナイス数:95ナイス

象牙色の眠り象牙色の眠り感想
犯人についてはほぼ想像どおりだったけど、轢き逃げ犯だけは間違ってた。ちょっとビックリの結末。たくさんの人が理不尽に非業の死を遂げてしまったのだけど、あれほどの人の死の結末はただの虚無。これほどまでにやりきれず救いのない小説も珍しいのではないだろうかとおもう。でも、瑞恵と祥のラストシーンは不道徳で蠱惑される。 個人的には椚沢も空恐ろしい男だと思うが、玉江が底が知れず一番怖かった。
読了日:4月30日 著者:柴田よしき
愛のアランフェス コミック 全4巻完結セット (集英社文庫―コミック版)愛のアランフェス コミック 全4巻完結セット (集英社文庫―コミック版)感想
主人公とほぼ同年齢で、雑誌掲載時に読んだ時はすごく感動したんだけど、なんだかな~って感じ^^;同じあれこれ悩み多いカップルでも「白のファルーカ」の2人の方が共感できる。黒川の悩む理由がどうしても理解できない。恋したっていいじゃない。思いっきり甘やかしておんぶにだっこでもいいじゃない。って思ってしまう^^よく考えたらそこまで大人の男じゃないんだから仕方ないんだけどね^^; スケートに関しては技の難度が時代を感じさせてくれる^^
読了日:4月26日 著者:槇村さとる
月下の恋人月下の恋人感想
全11話。内2話は同じ主人公の続いたお話。ハッキリとした起承転結はなく、日々繰り返される日常の中に不意に割り込んできた非日常もしくは非現実という感じのお話。どの話も嫌いではないけど特に好きだと思えなかったのは、どの主人公もみな善でも悪でもなく幸運でも不運でもないメリハリのないお話だからだと思う。そこが魅力なのだと分かってはいるんだけど・・・
読了日:4月23日 著者:浅田次郎
白銀ジャック (実業之日本社文庫)白銀ジャック (実業之日本社文庫)感想
倉田が主人公かと思いきやどちらかといえば根津が中心。登場と同時に思いっきりクサイ!と思って見ていた日吉ご夫妻、ごめんなさい^^;最後の最後まで疑ってたわ~(笑)大局を見通しているつもりが実は目先しか見えていない利己主義な経営者のえげつない企みのおかげでみんな大変な思いをしたけど、最後は八方丸く収まって「終わりよければ・・・」って感じ。でも、筧とその部下たちにはなんらかの天罰が下って欲しいよな~ このまま逃げ切りなんて腹の虫がおさまらない!(怒) 他の皆さんの感想で続編があることを知りました。読むぞ~^^
読了日:4月15日 著者:東野圭吾
パラドックス13パラドックス13感想
なんともやりきれないラスト「天は自ら助くるものを助く」なんて嘘だった。現に一番頑張って一番努力した誠哉は助からず、頑張ることも努力をも止めた人たちが助かった。それだって結局は運。人の明暗を分けるのは人の努力ではなく神の気まぐれだということ。そして助かった後の人生の明暗も・・・神の気まぐれ次第かもしれない。誠哉を死なせる原因を作った冬樹は明日香と出会い未来に明るい光が見えたけど、勇人や栄美子とミオはこれからどうやって生きるのか・・・とにもかくにも人生は理不尽の連続だ。ていうか、揺り戻し後はどうなるの?
読了日:4月11日 著者:東野圭吾
二千七百の夏と冬(下)二千七百の夏と冬(下)感想
足るを知り、天の恵みに感謝することを知り、小さな諍いはあっても話し合い譲り合い穏やかに生きてきた縄文人に渡来系弥生人が醜い欲や戦い、殺人までをも教えたのか・・・というのが第一印象。学校では渡来系弥生人がたくさんの知識や技術をもたらしたということしか習わなかったけど、少し考えればいいことしか入ってこないなんてあり得ない。そして、オーストラリアでも南北アメリカでも、後から来た者の方が大抵は強く先住者を駆逐してしまうという・・・。動植物と同じで海を越えて侵入帰化したものは強いってことか? 以下ちょっとネタバレ
読了日:4月9日 著者:荻原浩
二千七百の夏と冬(上)二千七百の夏と冬(上)感想
2011年夏、震災が色濃く影を落とす北関東での若い女性新聞記者の生活を時折交えつつ縄文時代晩期(?)に生きる少年ウルクの毎日が描かれている。縄文時代の固有名詞が現代の何に相当するのか分かりやすいものもあり、なかなか分からないものもあり、面白い。上巻は死病を得た幼い弟のために村の掟を破ってしまい追放になったウルクの旅立ちまで・・・ 誰も見送る者のない不吉な旅立ちをただ一人村はずれで見送る者が一人・・・ここは想像通り、というか青春物の王道的展開。(笑)
読了日:4月5日 著者:荻原浩

読書メーター
スポンサーサイト

« 5月に読んだ本|Top|第3回さやか記念日 »

コメント

こんにちは~。モモパパです。

4月もたくさん読まれたんですね。
僕、浅田次郎さんと東野圭吾さんのファンでありますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roba2006.blog95.fc2.com/tb.php/266-7003837f

Top

HOME

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます