黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

お母ちゃん、置き薬屋に怒る

お母ちゃんが置き薬の営業にメッチャ怒ってるww
契約の時には3か月に1度来るって話だった訪問が
いつの間にか4か月に1度になってるんだけど
それはまあこの際どうでもいい話
ていうか半年に1度、いや1年に1度でもいい
いや、ホントのところもう来なくてもいいって感じ^^;
そのぐらい来る度にムカッとさせられるらしいわ
以下、お母ちゃんの怒りの爆発よ・・・ww
 
契約してから営業マンが3回ぐらい交代してるんだけど
段々に質が落ちているとしか言いようがない
特に今来てる営業マンは2年ぐらい前から来てるんだけど
最初の時「明日行きます」って電話があったきり1か月来なくて
会社に電話して訊いたらきれいさっぱり忘れられていた・・・
もう来なくていいから薬箱引き上げてくれって言ったんだけど
次からは絶対に忘れませんって言うから許したら
確かに忘れずに4か月おきに来ることは来るんだけど
突然来るんだよね~
わたしはスーパーの買い物も全部カードで現金はほとんど持ってないから
突然来られるとマジでお金ないことあるし・・・
だから前日に電話してから来るって約束だったのに
まったくもって守られてないヽ(`Д´)ノ
「急に来られてもお金ないかもしれないから前の日に電話して!」って
それはもう何度もハッキリと言っているのに
「いや~そんなことはないでしょ~~」とか言ってヘラヘラ笑いやがる
もうホント頭くる!!
仕方ないからいつ来られても困らないように置き薬は使わないことにした
これなら、いつ来ても支払額は0円wwww
そしたら、さすがに来る前に電話してくるようになった
ただし、10分前・・・o(o・`з・´o)ノ
この電話になんか意味があるのか?!
なんか余計に腹が立つんだけど・・・
仕方ないので遠慮なく「今日は無理!」とか言うことにした
で、今回も金曜日に電話があったから月曜日の夕方を指定して
今日、約束の時刻に来たのはよかったんだけど・・・
以下、今日の薬屋とわたしの会話
薬屋「お正月はどうでしたか~~?」
わたし「いつも通りです」
薬「ゆっくり楽しまれましたか~~?」
わ「去年も言ったけど、うちは主人が年末年始仕事ですから(イラッ)」
薬「じゃあ、ご主人いなくて逆にゆっくりできたんじゃないですか~~?」
わ「そんなことないです(イライラッ)
薬「うちは6日間休みでしたけど、奥さんの母親が遊びに来てたので全然面白くなかったです~」
わ「うちはそういうことないですから(イライライラッ)」
わ「用事が済んだらとっとと帰れ!(心の声)」
この後もなんかグズグズ言ってたけどもう聞いてなかったww
スポンサーサイト

謹んで新年のご挨拶を申し上げます

今年はスマホゲームを控え目に読書量を増やしたい・・・^^;
 
 


12月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:1547ナイス数:24秘密 season 0 4 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 4 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想桜木と似ているけれど違う・・・そう言って泣いた薪の情にこちらまで涙。幼い日、誰かが目の異常に気付き理解を示してくれていたら、桜木の人生は変わっていたと思う。顔が描けないのは心の問題などじゃない、ただの器質の問題だと分かっていれば、母親もあれほどまでに苦しまなくてよかったはず。桜木がちゃんと生きのびて由花里さんの本当の想いを知ることができてよかった。たぶん、彼は赦されたんだよね。由花里さんの遺族もきっと前を向いて歩き始められる。読了日:12月27日 著者:清水玲子
秘密 season 0 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)読了日:12月27日 著者:清水玲子
秘密 season 0 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想本編12巻から数年後。青木君は九州にて舞ちゃんとお母さんの3人暮らし。岡部さんは相変わらず薪さんにいじめられてる。そして、メモ魔の新人が何気に薪さんを振り回し、女青木になりそうな予感。全体的に明るい空気の中で起こる事件の凄惨さは相変わらずの容赦のなさ・・・羊を抱いて走った少年の優しさはたくさんの理不尽に捻じ曲げられて狂っちゃったのかな・・・でも、お墓が守られてよかった。せめてもの救い。読了日:12月27日 著者:清水玲子
秘密 season 0 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想ずっと知らされていなかった薪さんの過去が明らかに・・・ただし、読者にだけ^^ こんな過去があると知ったら青木くん泣いちゃうかも・・・(わたしは泣いた) ずっと両親を殺した男だと疑いながら寄り添って生きてきたんだね 真実が分かった時、本当に辛かったろう、苦しかったろう、鈴木くんが傍にいてくれて本当に救われたんだね。後の顛末を知っているから、そのことすら切なくて涙が出た。容姿は父親そのままだけど、聡明で理知的でありつつも真に誠実で情の深い性質は幼児期に育まれたんだろうな~ (つづく)読了日:12月27日 著者:清水玲子
秘密(トップ・シークレット) コミック 全12巻 完結セット (ジェッツコミックス)秘密(トップ・シークレット) コミック 全12巻 完結セット (ジェッツコミックス)感想全編を通して薪のパワハラにビビり泣かされている青木や岡部たちの姿がコミカルに描かれており、笑えるシーンも散りばめられているのだけど、そういう明朗なシーンで油断させておいて途轍もない衝撃を与えてくる。現実の世界でも事件や事故に巻き込まれた人たちのほとんどが平凡な日常の続きに突然その時を迎えたのだろうと思う。どの巻もそういう突然の悲劇が描かれていて、それでもほんの少しだけ残された希望がかえって切なくて、久々にマンガで泣いてしまいました。特に9巻。「うそうそ!やめてやめてっ」とつぶやきながらページを繰りました。読了日:12月26日 著者:清水 玲子
怪しい店怪しい店感想色々なお店を舞台にした短編集。面白かったです。読了日:12月15日 著者:有栖川 有栖
高原のフーダニット高原のフーダニット読了日:12月09日 著者:有栖川 有栖
読書メーター

Top

HOME

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます