黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

6月に読んだ本

2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1945ページ
ナイス数:160ナイス

枕草子 (ビジュアル版 日本の古典に親しむ)枕草子 (ビジュアル版 日本の古典に親しむ)感想
時間をかけてゆっくりじっくり読んで眺めて・・・^^ 現代語訳ではあるけれど、中学生程度の古文と現代国語をきちんと学んでいないと理解出来ないかも・・・。 内容は、やはり面白い。お聖どんらしい訳し振りもあるけど、なによりも清少納言の感性の鋭さ。書きだすときりがないが「うれしいもの」「硯」など特に好き。ただし、今とは違う時代背景を理解できないと「レイシスト!」とか言いたくなるかもね^^; それにしても平安時代、貴族の男は口さがない女たちを相手に色々と大変だったろうな~とちょっぴり同情^^
読了日:6月24日 著者:田辺聖子
k.m.p.の もっとたのしく ちいさなお片づけ。k.m.p.の もっとたのしく ちいさなお片づけ。感想
片付けの本と言えば大抵は「捨てろ」「増やすな」のオンパレードで、人間ってそんなに簡単じゃないよ~って言いたくなるけど、これは「捨てもせず増え続けていく物もなんとか片付けていこうよ・・・」というスタンスなのが面白かった。キッチリし過ぎず物も心もゆとりが大事ということで、真似してみたいこともたくさんありました。
読了日:6月16日 著者:k.m.p.
花と流れ星花と流れ星感想
シリーズ物と知らず読んでしまったけれど、細かい描写を気にしなければ単独作品として読んでも大丈夫です。とはいえ、シリーズ前作を読んでいたらもっと面白かったかな?という気はするので、遅まきながら読みたいと思います。一番好きだったのは読後も優しい「オディ&デコ」 これは途中でハラハラさせられるけれどそのハラハラが上手に裏切られてしまい安堵(笑) 登場人物の気持ちに最も共感できたのは「花と氷」大切な家族を亡くした時の喪失感や不公平感は本当によく分かる。わたしの胸にも一粒の氷が転がっている。
読了日:6月14日 著者:道尾秀介
虚像の道化師 ガリレオ 7虚像の道化師 ガリレオ 7感想
個人的に言うとガリレオシリーズは当たり外れの差が大きいのだけど、これは当たりだったと思う。特に「偽装う」が好きだった。あえて、佐野史郎さんを頭に置いて読んでみる(笑)
読了日:6月12日 著者:東野圭吾
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)感想
「イヤ~一気に進展しましたね~(・∀・)ニヤニヤ」という感じ(笑)いろんな意味で痛かった今作ですが、結果的には大きく前進したお二人さん(あくまでも2人基準^^;)に喜びもひとしおといった感じです。最大の懸念事項だった「晩年」についてもどうやら片が付いたと言ってもいいだろうし、物語の大団円も間近でしょうか? あんまり好きじゃなくてそれこそ教科書で読んだ「走れメロス」以外は「お伽草紙」と「斜陽」しか読んでないけれど、今回はじめてほかの作品を読みたくなった。
読了日:6月9日 著者:三上延
忘れ物が届きます忘れ物が届きます感想
忘れていた過去、忘れようとしていた過去、知らなかった過去、知らされなかった過去、いろんな過去があるけれど、そんな過去の徒然が「ああ、そうだったのか」「あれはそういうことだったのか」と明らかになる5つの物語。一番好きだったのは「君の歌」 「沙羅の実」の前半部分、先生の一人語りにちょっと辟易とする。この親父はとっくに時効の古い話を持ち出して探偵気取りで何がしたいんだ?この青年を苦しめたいのか?って不快感MAX。でも違ってたんだね・・・先生は優しさのつもりだったんだね。 コメント欄へ続く
読了日:6月3日 著者:大崎梢
ねこねこ感想
生まれ故郷の写真もあってなんだか嬉しい。しかも写っている猫さんは子供の頃近所に住みついていた半ノラさんに似ていてまた嬉しい。
読了日:6月1日 著者:岩合光昭
オリンピックの身代金(下) (講談社文庫)オリンピックの身代金(下) (講談社文庫)感想
読み疲れた・・・(笑) 犯人と警察両方からの視点で描かれているから両方に気持ちが入ってしまう。犯人の視点で読む時はどうにか身代金を手に逃げきって欲しい気がし、警察視点で読む時はなんとか逮捕出来ればいいと思う。最後まで共感できない存在だったのは須賀忠。 村田はこれでよかったと思う。うっかり北なんかへ行っていたらそれこそ地獄だったわけだし、島崎もこれでよかったのかもしれない・・・よく分からないけど。 「狂信的な社会主義者や共産主義者の出来るまで」なんて副題を付けたくなる小説。とにかく気が重くなる小説だった。
読了日:6月1日 著者:奥田英朗

読書メーター
スポンサーサイト

Top

HOME

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます