黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

「ポチッ」は怖い

お店でちょっと高い買い物をする時は
お父ちゃんに相談してからでないと買えないAHO母
相談してもお父ちゃんの答えはいつだって
「買えばいいんじゃない?」なの分かってるのに
そんでもって、そう言われたって
結局は自分の判断で買わないことが多いのに
なぜかインターネット通販で買う時は
遠慮なく勝手に「ポチッ」としてる
「ポチッ」としてから後悔することもあるみたいだけど
まあ、大抵は支払いの瞬間まではご機嫌
インターネット通販の「ポチッ」は怖いわね
スポンサーサイト

7月に読んだ本

2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1357ページ
ナイス数:68ナイス

江戸猫 浮世絵 猫づくし江戸猫 浮世絵 猫づくし感想
「大浮世絵展」を観て、俄然読みたくなった本の1冊。面白かったけど・・・やっぱり江戸時代の人の感性とは違っているし、知識もまるで違っているのでどこが可笑しいのか分からない滑稽絵とかあります。それもまたいいのだけど^^ あと、どんだけ「猫じゃ猫じゃ」が好きなのか・・・とか^^
読了日:7月31日 著者:稲垣進一,悳俊彦
新装版 奇妙な昼さがり (講談社文庫)新装版 奇妙な昼さがり (講談社文庫)感想
全体の印象が星新一の未収録作品を集めた「つぎはぎプラネット」に似ている。もちろんSFではないですよ^^ なんとなく企業のPR誌や商品とのコラボっぽい印象を与える作品が多いというところが似ていると感じたところ。作者のあとがきを読んで納得。 1冊にまとめられているけれどそれぞれの作品の傾向はバラバラ。現実的なものもあれば幻想的なものもある。阿刀田作品未経験の方が作者の傾向を知るにはいい一冊かも^^
読了日:7月26日 著者:阿刀田高
プレゼント (中公文庫)プレゼント (中公文庫)感想
「御子柴君の甘味と捜査」を読んだからついでにこっちを再読。気がつけば2度目の再読。感想は前回と同じ^^; ただ、御子柴君の未来を知っているので、そこがちょっと違う感覚で読めた。
読了日:7月22日 著者:若竹七海
御子柴くんの甘味と捜査 (中公文庫)御子柴くんの甘味と捜査 (中公文庫)感想
若竹さんの作品にしては読むのに時間がかかった><途中で大雨降ったり台風来たりして落ち着かなかったからね^^;小林警部補は覚えていたけど御子柴くんは全然記憶になくて申し訳なかったけど、書いたご本人が小林警部補すら覚えてないなら、まあいいか^^「御子柴くん」と言うと刑事なり立て新人みたいだけど、それは「プレゼント」の時で、今は結構やり手のベテランだよね 小林警部補の助けはあると言ってもなかなかのものでした。食べるしか能のないイヤな奴かと思っていたモヤシが最後にいいとこ半分は持っていったな~って感じ^^
読了日:7月13日 著者:若竹七海
花咲小路一丁目の刑事 (一般書)花咲小路一丁目の刑事 (一般書)感想
それでなくても日々激務なのに、こう毎回毎回せっかくの非番日に用事を言いつけられたらたまらんな~ でも、おかげで懐かしい故郷の人たちとアッと言う間に旧交を温められたし、最後は恋人もできたし、おばあちゃんを大切にしておいてよかったね(笑) 1作目の主人公たちが完全に脇役となっているようで、意外と重要な役割を担っているから、読む順番は間違えない方が面白いと思う。でも、つい1丁目から読んじゃいそう…かくいうわたしは図書館で2冊抱えて、他に2丁目と3丁目もあるのかと探してしまいました^^
読了日:7月5日 著者:小路幸也

読書メーター

今月は少ない^^;
一番面白く読んだのは「江戸猫」
先日行った「大浮世絵展」で買った栞を使いながらゆっくり読了
「名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣」(歌川広重)のページに
同絵をモチーフにした栞・・・
これは眼福↓
浮世絵の猫 

Top

HOME

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます