黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

5月に読んだ本

2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2388ページ
ナイス数:122ナイス

「大草原の小さな家」主演女優の半生記 「ローラ」と呼ばれて (ワニプラス)「大草原の小さな家」主演女優の半生記 「ローラ」と呼ばれて (ワニプラス)感想
半分読んで挫折。途中で投げ出すのは嫌いなのだけど、これはもう限界。いつかまた挑戦するかもしれないけど・・・
読了日:5月29日 著者:メリッサ・ギルバート
白いトロイカ (2) (講談社漫画文庫)白いトロイカ (2) (講談社漫画文庫)感想
かなり「リボンの騎士」に影響されてるな~とは思うけど、水野英子さんの絵はこの作品の頃が一番好き。というか後の画風はどんどん嫌いなタイプになってしまった。少女マンガの舞台として乙女心をくすぐるのはやはりフランスとロシア…ベルばらほどにも時代考証されてはいないし、登場人物も皇帝や皇太子までが創造されているけれどなんとなく崩壊へ向かうロシア帝国のムードは出ている。革命時、コサックは基本的には反共思想で反革命派だったらしいけどね^^;そういう矛盾を考えても面白く魅力的な作品だと思う。
読了日:5月24日 著者:水野英子
白いトロイカ (1) (講談社漫画文庫)白いトロイカ (1) (講談社漫画文庫)
読了日:5月24日 著者:水野英子
少女病少女病感想
母と娘とか姉と妹っていうのはある程度の年齢からはもう女同士という感じ。でも、大きな出来事の前では母として、または姉として助けてくれるというのが二人姉妹の妹として育ったわたしの感想。少女病なんて言葉はじめて聞いたけど、言いえて妙。特別重症だった都が幸せになれてよかったね。血まみれのお婆さんは都のために神様が姿を変えて来てくれたのかもね・・・なんて少女病のわたしは考えるのでありました(笑)
読了日:5月16日 著者:吉川トリコ
旅猫リポート旅猫リポート感想
後半、途中で何度も文字が見えなくなってしまい休み休みようやく読了。ゴミ箱がティッシュで溢れてしまった。動物全般大好きで犬も猫も選べないけど、医者も驚愕するほどの重度の猫アレルギーで20代半ばで死にたくなければ猫に近づくなと言われてしまったくせに屋外なら少しぐらいいいかな?とか思ってしまうぐらいの猫好き。一緒に暮らしているのは犬だけど本当なら猫とも一緒に暮らしたい。そんな猫大き人間にとっては冷静には読めないお話。 ナナ、サトルと再会した時にはきっとハチも一緒だね。わたしもさくらに再会する日を楽しみに頑張ろう
読了日:5月12日 著者:有川浩
彼女の命日彼女の命日感想
スッキリしたようなしないような・・・やっぱりどうもモヤッとする(笑)遺された者の目線で考えればこれでいいのは分かるけど、葉子の側から考えたらどうなの?結局、どんなに真面目な頑張り屋でも死んだら負けってことか?そりゃまあ「命あっての物種」とか「死んで花実が咲くものか」とか言うけど、葉子と夏美の人生、あんまりにも不公平な気がしてモヤモヤが消えない・・・^^;
読了日:5月10日 著者:新津きよみ
はるひのの、はるはるひのの、はる感想
ユウスケが本当にいい子になっていてよかったな~っていうのが一番。ストーリーは大昔に読んだ萩尾望都さんの「マリーン」を思い出させる。もちろん二つの作品はまるで違うのだけど、魂になっても愛する人のために何度も過去へ旅をするという点が似ている。取り返しのつかない出来事が取り返せて多くの人が不幸にならずに済むならいいな~って思うけど、現実はそういかないから日々を大切にしなくてはいけないな、と・・・加納さんが大きなアクシデントを乗り越えてこれを書いてくださってよかった。ありがとう、と言いたい作品。
読了日:5月8日 著者:加納朋子
スリジエセンター1991スリジエセンター1991感想
天城の結末については予想していた通りにも関わらずショックだった。たぶん、この1冊を読む間に彼への思い入れが強くなったせいだと思う。この作品で海堂作品の登場人物たちに対する気持ちが大きく変化した。好きと嫌いに分けるならなんとなく嫌いだった天城と世良を好きなり、どちらかといえば好きだった高階や藤原を嫌いになった。そして、間違いなく嫌いだった黒崎教授を好きになった。スリジエが出来ていたら東城大はまったく違う道を歩いたんだろうな・・・そっちの道を見てみたい気がする。パラレルで書いてくれないかな~(笑)
読了日:5月5日 著者:海堂尊

読書メーター

「ローラと呼ばれて」…赤裸々な告白というより、他人の悪口並べてるって感じが強いな~
「旅猫リポート」…絶対お勧め!動物を愛する気持ちがある人なら必ず泣けると思う
スポンサーサイト

Top

HOME

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます