黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

4月に読んだ本

2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2193ページ
ナイス数:77ナイス

誰かが足りない誰かが足りない感想
なんと言っていいのか不思議なムードのあるお話。一応、レストラン・ハライで繋がるオムニバスかな?全体的に優しい雰囲気のお話ばかりだけど、よく考えると明るい未来の見えないお話も・・・
読了日:4月27日 著者:宮下奈都
沈黙の町で沈黙の町で感想
極悪非道な人間はただの1人も存在しないのに、なぜか最悪の出来事が起きてしまい、たくさんの子供たちの運命が変わってしまった。外の世界の大人から見るとまるで悪の枢軸のようにも見えた少年は、その母親が信じた通りの少年らしい真っすぐな正義感の持ち主だった。はじめは自己中心的で物事を客観的に見ることのできない愚かな母親に見えたけれど、彼女は間違っていなかった。被害者と加害者の境界の曖昧さが死んだ少年の母親には辛い現実だろう。一方的な被害者だと信じていた子供が学校中の嫌われ者だと知ったらショックだろうな・・・ つづく
読了日:4月23日 著者:奥田英朗
とっておきの幽霊 怪異名所巡り7とっておきの幽霊 怪異名所巡り7感想
いつも通りの霊感バスガイド 
読了日:4月16日 著者:赤川次郎
噂の女噂の女感想
最初の2話までは男好きのする美幸の周囲でスケベ心丸出しのバカな男たちが勝手な妄想にはまっている話で鼻で笑っていられたし、3話目では少々えげつないとはいえ痛快な部分もあった。でも、4話目以降はなんとも不快な気分になってしまい、最後は「イヤな話読んじゃったな~」という感じ。こういう女が周囲にいないよう祈るのみ・・・でもその半面、こういう生き方もまた面白いかも、とか思ってしまう自分もいて複雑(汗)美幸よりも「柳ヶ瀬の女」の博美とその母親の方が嫌い。特に博美は家族への冷血振りが美幸の方がマシと思えるぐらい嫌い。
読了日:4月11日 著者:奥田英朗
いちばん初めにあった海 (書き下ろし新本格ミステリー)いちばん初めにあった海 (書き下ろし新本格ミステリー)感想
表題作と他1作収録。1冊丸ごとの長編だと思って読んでいたら唐突に終わってしまいなんだか中途半端で消化不良を起こした感じ。やはり初期の頃の作品なのでいまひとつ完成度が低いのかしら?同時収録の短編も同時期のものなら似たような感じかもしれないから読まなくてもいいかな~・・・などと不遜なことを思いつつ、ついでに、と思い読んだ。別の短編じゃなくてオムニバスだったとは・・・(汗)読んでよかった・・・初期だろうがなんだろうが、やはり加納作品でした。優しい気持ちになれるいいお話。特に「他1作」の方がよかった。
読了日:4月7日 著者:加納朋子
ロッキーリッジの新しい夜明け (新大草原の小さな家 6)ロッキーリッジの新しい夜明け (新大草原の小さな家 6)感想
シャーロット母さんとキャロライン兄妹、キャロライン母さんとローラ姉妹、ローラ母さんとローズ。長かった大草原の物語もこれで完結です。ずっと読んできて常に感じさせられたのは、家族が暮らしていくには健康で律儀者の息子がいる方がいい、ということ。父さんの死後、シャーロット母さんがどうにか頑張れたのは二人の息子がいたおかげ。キャロラインやローラが同じように夫を亡くしてしまっていたら、きっと家族だけで頑張ることは不可能だったでしょう。クーリー家にもポールがいてよかった。子供のいない我が身を振り返ってちょっと不安^^;
読了日:4月3日 著者:ロジャー・リーマクブライド
オウザークの小さな町 (新大草原の小さな家 5)オウザークの小さな町 (新大草原の小さな家 5)感想
農場での生活を諦めオウザークの町へと移り住んだローズ一家。はじめは馴染めなかった町での暮らしにも慣れ、ローズは町も悪くないと思うようになります。それと同時にお隣の農園の娘アルバとの仲も少しずつ疎遠になり、反比例するように町の薬局の娘ブランチやその友人と親しさを増していくように見えますが、心の中は農場と町の狭間で揺れ動き、どちらへも所属しきれない孤独を感じることも出てきます。単純だった生活が複雑になり、ローズは一気に思春期へと向かいます。かなり複雑な心持ちの娘で、母であるローラも大変そうです(笑)
読了日:4月1日 著者:ロジャー・リーマクブライド

読書メーター

とうとう「大草原の小さな家」関連の物語全部読みました
正確には日本語に翻訳されていない作品もあるようですけど
ローラのひいおばあちゃんのお話とか・・・
翻訳されているものは全部読んだので
次はテレビドラマのDVDを観ます^^
スポンサーサイト

Top

HOME

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます