黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

正夢になるといいな~

久々にお母ちゃんの夢のお話よ
最近はシュールなオムニバス夢ばっかり見ていて
とても人に話せるようなのはなかったんだけど
昨夜の夢は割と良かったわ^^
といっても、さすがに夢だからね
話があっちやこっちへと飛びまわって大変だったけどね
まず、お母ちゃんはソチオリンピックを見ていたの
もちろんフィギュアスケートの女子シングルフリーよ
ずーっと見ていて、最後の最後に真央ちゃん登場!
(ということは、ショートで1位だったのかしらね?^^)
お母ちゃんったら、ここで緊張のあまり気絶するのよ><
で、気がついたらもう番組が終わってるの・・・
結果はどうなったの?!って慌ててテレビのチャンネルをあちこち変えて・・・
そしたらフジテレビのスポーツ特番がフィギュアの結果をやってて
司会のおっさんアナウンサーとアシスタントがお通夜みたいな顔で
「銅メダル、本当に残念でした・・・」って言ってるじゃない!
お母ちゃんはもうがっかり・・・
泣きそうになりながら他のチャンネルに変えてみると
真央ちゃんが記者会見で頬を紅潮させて話してるのよ~
「最高の演技が出来て、念願の金メダルで本当に嬉しいです」って・・・
真央ちゃんの衣装は黒地に白いレースをあしらったハイネック
襟元に白いリボンがついているのが可憐で可愛い^^
さっき見たフジの特番はなんだったの?ってよくよく見ると
銅メダルなのはお隣の女子ではないですか~
フジテレビさんが話していたのはこの人のことだったんですね
お母ちゃん、今度は嬉し泣きです^^
ここで場面は急展開!(なにしろ夢だからね)
お母ちゃんは、おばあちゃんちへ行ってます
おばあちゃんが新しいペットを飼い始めたというので見に行ったのです
そのペットというのがなんと!
ワニ
体長3メートルぐらいのが6畳間に置かれた漆塗りの箱に入ってる
剥製じゃないよ 生きてるんだよ^^;
「抱いてもいいよ」っておばあちゃんに言われて
思わず手を出したお父ちゃんが指を噛まれそうになって大騒動@@;
他にも色々とシュールなシーンがあったけど
メインはこの2シーン
真央ちゃんの金メダル、正夢になって欲しいな~
この際、おばあちゃんに頼んでワニ飼ってもらおうか・・・^m^
スポンサーサイト

5月に読んだ本

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1770ページ
ナイス数:58ナイス

フィギュアスケート ここがわかればもっとオモシロイ!フィギュアスケート ここがわかればもっとオモシロイ!感想
最近の口さがないフィギュアファンの中には「老害」などと酷いことを言う人もいるけど、トリノ以前、今のように華やかじゃなかった時の日本フィギュア界を支えてくれた選手の1人、しっとりとしたプロもちょっと日本人離れした楽しいエキシプロも大好きだった。だからこそ、トリノで引退された方がよかったのでは?なぜ辛い思いの多い現役を続けられるのか?と思っていたけど、これを読んで納得できた。わたしはやっぱりすぐりん大好きだ^^ 
読了日:5月27日 著者:村主 章枝
獣医さんが教える 手づくり愛犬ごはん獣医さんが教える 手づくり愛犬ごはん
読了日:5月25日 著者:
名画 絶世の美女名画 絶世の美女感想
世界の美女は時を経て見てもやっぱり美しい・・・眼福、眼福(笑) 表紙の美女、女優の常盤貴子さんに似てると思うんだけど・・・どうでしょうね~
読了日:5月23日 著者:平松 洋
誘う森 (創元推理文庫)誘う森 (創元推理文庫)感想
「オリーブ」の印象が残っていて、性悪な女に見えるけど実は洋介を思いやる優しい女性だった、なんてつまらない結末だったらどうしようか、と思いつつ読んだけど、安心した(笑)どれほどの旧家か知らないけど自分の命どころか他人の命まで犠牲にして守るなんて異常というか傲慢だよな~ 残された伯母さんどうなっちゃうんだろうね・・・変に実子とか血統とか拘らず養女にしておけば香映と芳春も違う生き方が出来たかもしれなかったのに、これもまた旧家のしきたりの犠牲だね 矢部は想像ついてたけど、与田はもう少し深い秘密があるかと思ってた
読了日:5月17日 著者:吉永 南央
りっぱな犬になる方法 バイリンガル版 (犬がおしえてくれた本)りっぱな犬になる方法 バイリンガル版 (犬がおしえてくれた本)感想
バイリンガルになっても可愛い本。いつか犬になった時、ちゃんと国際交流の出来る犬になれるかも^^
読了日:5月16日 著者:きたやま ようこ
オリーブ (文春文庫)オリーブ (文春文庫)感想
大人の人間関係とその中にある嘘の物語。優しい嘘かと思えば意外と苦い。読後感が良いのは「不在」、「指」もまあ良い。「カナカナの庭で」の嘘はひとつではない。妻の嘘は一見優しいようでも根っこは夫への裏切り。主要な登場人物3人共が好きになれない。脇役である強矢の誠実さと小須賀の優しさがよかった。「欠けた月の夜に」は好きになれない。大人になって出来た女友達なんてしょせんこんなものか?主人公を気遣う優しい女たちに見えるけど、寺での3人の会話こそが真実では?所詮は蜜の味。自分より不幸だから優しくなれる。この嘘は嫌。
読了日:5月12日 著者:吉永 南央
モルフェウスの領域モルフェウスの領域感想
やっと、やっと、読み終わった~ なんかすごく疲れましたわ~ アツシが目覚める前、なんだろうなぁ 大昔の耽美小説、もしくは今時の腐女子が書いたBL小説、そんな感じの大仰な形容や言い回しで、途中面倒くさくなってかなり斜め読み。目覚めてからはいつもの海堂作品に戻ってきたという感じで普通に読めたけど・・・とにかく疲れた 読み疲れて感想どころじゃない ただ、れっきとした成人女性の涼子が9歳のアツシに母性ではなく異性として、あそこまでのめり込む心理は理解不能 
読了日:5月10日 著者:海堂 尊
続・建築家が建てた幸福な家続・建築家が建てた幸福な家感想
読んだというより眺めた・・・^^;
読了日:5月8日 著者:松井 晴子,村角 創一
うちのもの暮らし (ダ・ヴィンチブックス)うちのもの暮らし (ダ・ヴィンチブックス)感想
鳩サブレの黄色い缶、わたしも大好き~^^大缶欲しいけど、なかなか決心がつかない。でも、これを機に買っちゃおうかな 乾物入れにしようかな^^ マトリョーシカが箱根発祥だったとは・・・ビックリ! 「着物を普段着に」とか中国茶とか海外でお買いものとか値札見ないでアンティーク布お買い上げとか、ちょっと世界が違うな~って思うところもあったけど、大体はサラッと楽しめました
読了日:5月1日 著者:大田垣 晴子

読書メーター

Top

HOME

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます