黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

16年目の食洗機

我が家の食器洗い乾燥機
新築の時に設置してもらったビルトインタイプなので
今年で丸16年が経過しています
メーカーからのリコールで無償修理してもらった以外には
途中、蓋に付いている洗剤ポケットの蓋が壊れて
修理してもらったことがあるだけで
それ以外は特に不都合なく動いていました
今年の春までは・・・><
4月の中旬、夜中に突然ブザーが鳴り響き
停止しようにもスイッチが効かず
主電源すら切れなくなってしまい
延々と鳴り響くブザーに焦りまくった揚句
ようやくブレーカーを落とすことを思いつき
どうにかその場を凌ぎました
中に入っていた食器は洗浄済みだけどすすぎ済みかどうか判然とせず
結局、全部手で洗い直しました
ネットで色々と調べてみたところ、どうやら水漏れが原因らしい><
これはもう修理を依頼するしかないのですが
なにしろ16年も使った機械
しかも数年前に製造中止になっている・・・
もう修理の部品もないかもしれないと思うとガックリです
なにしろ、我が家の食洗機は16年前ですら
1社しか作っていなかった幅30cmのコンパクトタイプ
壊れた機械を取り外しても
その後に設置できるサイズの機械はもう手に入りません
修理不可能の可能性が大きいのに
買い替えも不可能となると どうなる?
考えただけで気が滅入ります
でも、ちょうどその頃、さやかのお迎え日が迫っており
そんなことを考える暇も精神的余裕もありませんでした
なので、故障した機械はそのまま放置
怖いのでブレーカーも落としっぱなしです
それから、さやかがやって来て
てんやわんやの我が家・・・
先週、ようやく少し落ち着いてきたのでメーカーに電話しました
サポートサービスの電話に出た女の感じ悪いこと!
案の定、修理出来るかどうか分からないと言われて
それは予想の範囲なので構わないけど
もし、修理出来なかった場合は買い替えになるけど
その場合はサイズの問題に解決案があるでしょうか?
というわたしの質問に対して
「修理以外のことは一切知りません
どこでも好きな店に行って勝手になんとかしてください」と・・・
なので、修理出来るかどうか見にきたオジサンに
その旨話して・・・
「もし修理出来ない時は他のメーカーの据え置き型を買います」宣言^^;
オジサン、めっちゃ恐縮しながら故障個所を確認して
「なんとか修理できるよう部品を探します」と言い、帰って行きました
そして、待つこと1週間
「部品が揃わないのでもう少し待ってください」
で、またまた待つこと3日
本日、めでたく修理完了しました^^
この機械は買い替えが出来ない状況になっているため
他の製品よりもずっと長く部品を維持しているそうです
もし部品がなくても特別に作って修理してくれるそうです
「使える限りは修理して使う」
消費者がその気でもメーカーの協力がなくては無理
それを考えると今回のメーカーさんの対応は素晴らしいですね~
最初の電話の女については忘れることにします^^
 
後は、まだ試運転していない食器洗い乾燥機が
本当に間違いなく直っていることを祈るのみ(^_^;)

余談ですが修理費用は24885円(出張費込み)
修理保証期間は3か月だけど
3か月過ぎても少しは融通効かせますとのことでした
めっちゃ印象いいんでないかい?^^
スポンサーサイト

さくらの「お散歩デビュー」

人生初のブログだったMSNスペース「ろばの耳」
数年前に閉鎖済みなのでパソコン内のバックアップをコピーしました



「お散歩デビュー」

昨日は待望のお散歩デビューをしたわけですが
これまでも少しずつ抱っこで家の周りを歩いていたせいか
怖れることもなく順調に出発しました。
お散歩とはいっても、団地の中を1ブロックほどぐるりと回るだけです。
生垣から落ちた葉っぱを拾わせないようにするのが一番の注意点だと思っていたら
想像以上に多い煙草の吸殻に愕然としました。
団地の道路ということで、住人しか通らない道になぜこんなにも吸殻が落ちているのか
お菓子の袋などは時々目にしますが、小さな子供のすることだから、と思っていました。
まさか、大人が自分の家の周りにゴミを捨てるなんて
なんてみっともないのでしょうか、嘆かわしいかぎりです。
誰かが「日本人はもったいないよりみっともないを大切にするべきだ」と
書いていらっしゃったのを思い出しました。本当にそのとおりだと思います。

ダーリンもわたしも煙草を吸わないので、我が家には灰皿がありません。
したがって、お客様も禁煙です^^;
だから、さくらには煙草という知識がないのです。
家では、吸殻は食べてはいけない、と教える機会もないのです。
というか、ダーリンもわたしも吸殻が落ちているという想像すらしていませんでした><
落ち葉以上に危険な拾い物をしないよう、散歩の時は要注意です(;^_^A アセアセ・・・

そしてもうひとつの問題・・・
昨日のコースにはとんでもないあらくれ者のワンちゃんがいることが判明^^;
前を通っただけで生垣から顔を突き出して吠え付いてきました。
普段通る必要のない道なので、そんなワンちゃんがいることも知りませんでしたが
そういえば、、毎日、朝から晩までよく聞こえてくるワンちゃんの声・・・・
この子だったのねー、と納得しました^^;
とりあえず、そのワンちゃんには申し訳ないけど
悪いお手本ということで・・・・さくら、決して真似しないようにね^^;

                          2006年5月28日





今回、さやかが歩いたのはさくらと同じコースです
6年前と違い、煙草の吸殻は落ちていませんでした^^
そして・・・
あの「あらくれ者」ですが・・・
彼(彼女かも…)はさくらが1回目の手術を終え
ようやくミニ散歩ならば、と散歩のお許しがもらえた時
この短いコースを歩く度に
生垣の隙間から顔を出して、クンクンと優しい声で挨拶してくれたのです
なので、さくらも彼(彼女?)を大好きになり
短い散歩の唯一の楽しみとしていました
さくらがいなくなってから
わたしが独りで散歩していた時も
いつも生垣の隙間から励ますように見つめてくれました

今日、さやかにも優しく挨拶してくれました
これからお散歩の度に
犬生の大先輩にいろんなことを教わるのかな?

世界で最も読まれた本ベスト10

この50年間で多く読まれた本だそうです

3位 ハリー・ポッター
2位 毛沢東語録
1位 聖書

4位から10位までは コチラ

この中でちゃんと読んだことがある本は・・・
たったの3冊^^;
他に、児童向けを読んだことがあるのは 2冊

さて、それはどの本でしょうか?
正解者にはプレゼントを進呈!
は、出来ませんけど
みなさんは何冊読まれましたか?^^

さくらとさやか

さくらとさやか
ほぼ同じ月齢のおふたりさん
でも、心なしかさくらの方がお姉ちゃんに見えます
そして、さやかはちょっとヤンチャな弟って感じ^^;
この写真ではよく見えていないけれど
胸の白毛の入り方 けっこう似ています
前足の黒毛の率も似ていると思います
マロ眉も同じような付き方をしています
さくらとさやか・・・
似ているところが見つかるとすごく嬉しい
反面、違うところを見つけるとちょっとがっかり
さやかにだって、さくらと違っていても
いえ、違っているからこそのいいところがある
それはちゃんと分かっているけれど
でも、やっぱりさくらと違うところを見せつけられると
淋しくなってしまいます
わたしだけがそんな風に感じているのかと思っていたら
先日、夫が同じことを言ったのでビックリ
やっぱりさくらが一番愛おしい
今でもやっぱりさくらが恋しくてたまらない
さくらに会いたくて涙が出ることもある
なかなかさやかだけに夢中になれなくてダメなお母ちゃんです
でも、さやかはそんなこと全然お構いなしで
体当たりで甘えてきてくれます
さくらと違って甘え上手なさやか
可愛いです
とってもとっても可愛いです
もちろん、この世に存在するどの子よりも可愛いです
でも、虹の橋のさくらは別格なんだよ
ごめんね さやか
さやかは そういうさくらへの想いも込みで
わたしや夫のことを愛してくれているような気がします
本当にいい子が来てくれてよかったな~^^

           
                 「さやかのうちの子1か月記念に寄せて…」

気がつけば・・・

北側の通路の隅の花壇もどきに
スズランが満開!
毎年、この頃には満開になっているけど
ろくに行くこともない場所なのでなかなか気付かない
今年はさくらのために庭の花を活けたいと思って
ずっと待っていたから
盛りを見逃すことなくGet!
たくさん摘んで飾ろうかと思ったけど
スズランは毒のある花だし・・・
やっぱりちょっぴりにしておこう^^
すずらん
別名は「君影草」
いい名前だよね
花言葉はいくつかあるけど
今、一番好きな言葉は
「幸福の再来」
うん、いい言葉だね

 
 と、お母ちゃんが写真に向かって話しておりました・・・^^ byさくら

すっごいもの見たよ~

昨日、お母ちゃんとお父ちゃんと一緒に買い物に行きました
スーパーのテナントのパン屋さんへも行きました
元気な頃のアタシは車で留守番だったけど
今は一緒にお店の中まで入っちゃえます^^
そこですっごいものを見ました
なんと!
買おうとしたパンを床に落としてしまい
その落としたパンをそっとまた棚に置いたオジサン
マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?
お父ちゃんもお母ちゃんも棚を挟んで真正面にいたから
オジサンとしっかり目が合いました
他の人もみんな見ていました
気付いてないのはお店の人だけ・・・
でも、あまりの衝撃にみんな沈黙してました
でも、いくらなんでもヤバいだろって
お母ちゃんが棚を回って落ちたパンを見に行ったら
並んでいるトレーの外に逆さまにしておいてありました
ソーセージが挟んであるパンだったけど
そのソーセージの方が下になっているってことね^^;
そんな置き方のパン、たぶん誰も買わないと思うので
お母ちゃんはそのまま知らん顔することにしました
これまでもいったん自分のトレーに取ったパンを戻すオバサンとか
一個一個 指でつついてみている子供とか
いろんな人を見てきたけど
今日のオジサンは最高にインパクトがありました
お父ちゃんもお母ちゃんも笑うしかない状態でした
でも、本当はちゃんとお店の人に知らせてあげるべきだったと思います
落としたパンを知らん顔で戻したオジサンが1番悪いけど
見て見ない振りをした周りの人もみんな悪いと思います
お母ちゃんは「日本人のモラルはどこへいったんだろう?」なんて言ったけど
お母ちゃんも見て見ぬ振りをしたんだから
五十歩百歩だと思いました
お母ちゃん、反省しなさいね!
 
 
 
だって~ 注意して逆ギレされるの怖いし…
でも、お店の人に報告ぐらいはするべきだったかもね
反省します                 by Akiki

久々だね~

最近はお庭に咲いた花ばかりだったけど
今日は久しぶりにお花屋さんで買ってもらいました
ピンクガーベラ
お母ちゃんの中で美化されまくりのアタシは
こういう可愛いピンクのイメージなんだね^^

お庭に咲いた花…たとえば
ツツジとガマズミ
ツツジとガマズミ(の欠片)とか
ピンクのタンポポ
金魚草やピンクのタンポポも素朴でいいけど
お花屋さんで買ってもらったお花は華やかだよね
アタシにピッタリ?
でもね お母ちゃんったらお店でかなり悩んでたのよ
昔、うちの庭にたくさん咲いてたアスチルベが3本298円で
それを買うのがすごーーーく口惜しかったみたい
でも、大好きな花だから思い切って買っちゃったようね^^

ピンクのタンポポは珍しいでしょ?
今年の春 アタシのために苗を買って植えてくれたのよ
今、たくさん咲いているの
すっごく可愛くて
買ってよかったね~って お父ちゃんと話してた
でも、来年か再来年にはオニみたいな顔で抜きまくってたりして・・・^^;

4月に読んだ本

4月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1256ページ
ナイス数:16ナイス

最愛最愛
千賀子ってそんなに素晴らしい女性?わたしには感情の起伏が激しく自己を律することが出来ない精神的に未熟な女性に思えた 早くに両親を亡くし、弟とも離されて誰からも愛されることを知らずに育ったことは可哀そうではあるけど、そういう境遇でももっと普通に生きている人はいくらもいると思うのでこの姉弟にまったく共感出来なかった 弟の語りで進む物語は最後まで独善的で気持ち悪いな~という印象しかない 真尋に告白しのだけが救い でも事件がなかったら過去を隠して結婚したのかな?…著者には申し訳ないけど読まなきゃよかったって気分
読了日:04月12日 著者:真保 裕一
呪いの花園 ―ミステリー組曲「幻影稼業」 (集英社文庫)呪いの花園 ―ミステリー組曲「幻影稼業」 (集英社文庫)
赤川作品に限って言えば、こういうホラー風の短編集が最も好きかも… ちょっとビターだけどあまり残酷過ぎずなおかつ現実離れ(8人死んでも気にしない女子校生みたいな…)もそれほど酷くない 最後のショートショートと言えそうな短編のみホラー風味がなくほのぼのとしていて異色(理由は解説で納得)これが一番好きだった 
読了日:04月06日 著者:赤川 次郎
友よ (角川文庫)友よ (角川文庫)
気がつけば敵味方入り乱れて8人も死んでるけど、終わりよければすべてよし、自分を庇って2人も死んでいようと気にも留めずに日常の暮らしに戻っていく、しかも父親の浮気まで見て見ぬ振りでヘッチャラ!それが若さの素晴らしさ! という、いつもの赤川節炸裂  暇つぶしに読み捨てるにはお手軽な本 まあ、赤川氏の変に社会派ぶった極左的作品よりはずっといいか?
読了日:04月05日 著者:赤川 次郎
ペットの死、その悲しみを超えて―愛犬ユキチのおくりものペットの死、その悲しみを超えて―愛犬ユキチのおくりもの
一気に読み終えた 愛犬を失う悲しみとか苦しみを経験したことのある獣医は確かにいいと思うけど、自分が経験した喪失の痛苦が全ての人に共通するかのように思っている感じでちょっと違和感 失う辛さは人それぞれ「私も経験者だからあなたの辛さ分かります」なんて簡単に言われたくない 
読了日:04月04日 著者:石井 万寿美

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

Top

HOME

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます