黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

大ショック!

もうすっごいショックで言葉もなかったというか
立ち直れないぐらい傷ついた~
あまりにショックが大きくて家で話題にすることも出来ない><
でも、ようやく少し気持ちが落ち着いたので
ここに書いちゃおうかな・・・^^;
大ショックなことは実は2つ
1つは羽生結弦選手が安部コーチから離れて
あの!ブライアン・オーサーに師事するってこと
なんでそうなるんだよ~
羽生選手大好きだったのに
安部コーチとのキスクラが好きだったのに
よりにもよってあの!オーサーって・・・
もうなんか裏切られたって感じでした
まあ、よく考えたら いや考えなくてもだけど
羽生君が誰をコーチにしようが
わたしがとやかく言うことじゃないんですけどね^^;
分かっちゃいるけど大ショック~~~~
高橋選手がモロゾフコーチに師事した時みたいな形なら
まだもう少しはショックも小さかったんだけどね~
は~あ~~(ノ_-;) 
マスコミとかどこぞのお国の方とかが
ここぞとばかりにキ○ヨナ連呼しそうでヤだな~
まあ、せめてもの救いは
オーサーがキム○ナさんと完全に手が切れてるってことですね
羽生選手、どうぞ変なクネクネダンスをはじめませんように><

でもって、もう1つショックなこと
それはもちろん!
今後は気持ち悪くて柿の種食べられなくなるってこと
だって、あの提携先の企業ってあれでしょ?
スナック菓子からネズミの頭が出てきたり
カップ麺からゴキブリだのウジ虫が出てきたり
そのくせ賠償とかに応じてなかったり
色々と衛生面に不安のある会社でしょ?
なんかすっごい気持ち悪くてもう食べられない><
は~~あ~(ノ_-;) これもガッカリ過ぎて
今週はろくなことのない1週間でした (-公-、)シクシク
他にも色々あったけど
この2つは今後ずーっと尾を引く出来事で
トホホです~
スポンサーサイト

「ピエロ」

中島みゆきさんの歌です
歌詞は…
本当は載せてはいけないのだけど(著作権の侵害だから)
少しだけ
こっそりと少しだけね

思い出の部屋に 住んでちゃいけない
古くなるほど 酒は甘くなる
えらそうに俺が 言うことではないけど

と、こんな感じです

この歌、最近ずっと心の中で歌ってます
時々、声に出してることもあるけど^^;

本来の歌詞の意味は
女に振られてやけになっている男
もしくは、男に捨てられて立ち直れない女を
色恋とは無縁の男友達が慰めている…
そんな感じだと思いますけど
今のわたしにもちょっと当てはまるかな、と思います

さくらの思い出に縛られて 他のことが考えられない
さくらへの想いが強すぎて 他のものを想えない

そんなわたしは 思い出の部屋の住人です
思い出の部屋に閉じこもっているのは楽です
古い酒が甘いように 思い出もまた甘いから…
思い出の中のさくらは悪いところなどない天使のような子
本当は悪いところいっぱいあったけど
そんなこと思い出の部屋ではみんな消えてしまいます
ただひたすらに
自分に都合よく書き換えられたさくらの思い出に縋って
空想の世界で生きていく
傍からは、悲しみのどん底で苦しいように見えるけれど
本当は意外と楽なのです
自分のことを可哀そうがって泣き暮らす
悲しみを乗り越えて歩いていくよりずっと楽です
大切な我が子を失ったのだもの
しばらくは思い出の部屋で自分勝手に暮らすのもいいことです
そうすることで壊れそうな心が守れるのだから
思い出に縋って生きる時も必要です

でも、いつまでもそれではいけない…
だって わたしは生きているのだから
わたしの周りの人もみんな生きているのだから
いつまでも自分だけの悲しみに閉じこもっていてはいけない
ドアを開けて 
部屋を出て
辛い現実に一歩を踏み出さなくては…

さやかに手を引かれるように
わたしは部屋から出ました
外の世界は苦しいです
さやかが傍にいてくれるけれど
さくらがいない世界はやはり辛い
それでも思い出の部屋の中にはない喜びもあります
さくらのいない苦しさと
さやかが見せてくれる新しい喜びと
今は苦しさの方が大きいけど
いつかきっと喜びの方が大きくなる
そう信じて…
しっかり歩いていきたいと思います

もし、伝えることが出来るなら…
同じような悲しみや苦しみを抱いている貴女に伝えたい
今はまだ無理でも
いつか新しい喜びを探して部屋から出てきて欲しいと…

落ちた!!

落ちた!落ちたーっ!!
AHO母が階段から落ちたーーーっ!!
朝、寝室から居間へ降りてくる時に足を滑らせたわよ
下から3段目で滑って1階の床へドスン!
あ~ 朝から笑わせてもらったわ~(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ♪
それにしても最後の3段で落ちるとはね~
木登りは地面に着く直前が危ないっていうけどホントね
兼好爺さん、いいこと言ったもんだわ~( ´艸`)ムププ
 
 

さくらが元気な頃だったら
「散歩に行けなくなったら大変><」ってことで
無意識の内にもケガしないよう用心していたけど
どうも最近気が緩んでいるみたいです
前回のスッテンコロリンといいダメダメですね

タレント犬!

ジャーン!
ユリちゃん
ユリちゃんです
さやかの健康チェックに行った病院で出会いました
現在15歳、少し足は弱っているけど
ご覧の通りきれいな女の子です
で!
みなさん、このユリちゃん・・・
お気づきになった方あるでしょうか?^^
当ブログ、2度目のご登場なんですよ~
1度目は・・・コチラ
あの時はテレビ局の取材スタッフと待ち合わせ中だったそうです
そうなんです
このユリちゃん 地元では有名なタレントわんこさんだったのです!
新聞にもしょっちゅう出ているそうな・・・^^
テレビも観なけりゃ 新聞も読まないという
反社会的なダンナとわたし、全然知りませんでした(^^ゞ

絵と音楽

ずっと以前に誰かのエッセイでよんだのだけれど
男は絵画を鑑賞するように女を愛し
女は音楽を聴くように男を愛する

のだそうです
どういう意味かと言いますと…
男は1つの部屋に何枚もの絵画を飾るように
同時に複数の女を愛することができるけれど
音楽が1つの部屋に同時に2曲流せないように
女は同時に2人の男を愛せないということです
これを読んだ時、わたしはまだ20代の前半でしたが
上手いこと言うな~と感心したものです
全ての男女がこの通りとは言いませんが
概ね当たっているのではないでしょうか
世の中、大抵の場合 相手の度重なる浮気で泣かされるのは女
でも、相思相愛と信じていた相手に突然心変わりされるのは男
それは 男が何枚も絵を飾っている間に
女の方は音楽をかけ替えてしまうからなのですね…

そうしてみると
「絵画のように」も「音楽のように」も
どっちもどっち、という感じですね

ただ、最近少し思うことがあります
「絵画のように」愛すること
男女の仲ではあまりいただけない話だけれど
ペットと飼い主の仲ではどうでしょうか
現に1人で何頭もの犬や猫を飼っている方、いますよね
わたしは基本的に犬の多頭飼いは反対です
犬は世話を出来る人間1人につき1頭まで 
ちゃんと世話が出来る大人ばかりの4人家族なら4頭まで
1人暮らしなら1頭まで 
そういう風に考えています
猫についてはその性分を考えると
1人で数匹飼っても平気かもしれないな~と思いますけど
なので我が家は世話が出来る大人が1人なので1頭しか飼いません
そして、その大切な1頭であるさくらを失ったわけですが
わたしの心の部屋にはまだちゃんと存在しているのです
さくらは音楽です
わたしの心の部屋にさくらがいる限り
他の音楽を流すことは出来ません
ずっと、そんな風に考えていました
でも、本当にそれでいいのかな?
現実の部屋の中では音楽のように愛するべきだと思うけど
心の部屋の中では絵画のように愛してもいいのではないかな
そうする方がさくらも喜んでくれるのじゃないかな
さくらを愛したように違う子を愛し
さくらに愛されたように違う子に愛される
さくらと暮らした日々が素晴らしかったからこそ
もう一度その素晴らしい日々を求める
それは決して悪いことではないはず
さくらがいなくなって5か月余が過ぎ
ようやく自分の気持ちを改めることが出来ました

さくら…
お父ちゃんとお母ちゃんは新しい1歩を踏み出すよ
これからは今までのようにさくらのことだけ考えてはいられないけど
それでも さくらはお父ちゃんとお母ちゃんの大切な宝物だよ
さくらのことを考えない日があったとしても
決して忘れてしまうわけではないからね
さくらの絵は
お父ちゃんとお母ちゃんの心の部屋の一番いい場所に
ちゃんと飾られているからね


明日 新しい子を迎えます



いいお天気!

今日は朝からとってもいいお天気なので
お母ちゃんはお洗濯をしました
お洗濯
アタシの使っていたハーネスやリード
それから一緒に干してあるのは干物じゃないよ
アタシが使っていたおもちゃ(のほんの一部)
あんまり汚れてなくて
中の笛が壊れていない布製おもちゃを洗って干してあるんだよ
おもちゃ箱の整理をしていたら
「こんなのあったっけ?」みたいなのもたくさんあってビックリ^^;

今日の山口は桜の花はほとんど終わってしまって
お昼にはほとんど初夏の陽気
風がさやかに吹いてます^^(「さやか」って本当は秋の季語らしいけど^^;)




おまけ
セカンドバースデイはお父ちゃんも仕事で帰りは夜遅く
晩御飯も食べないってことなので・・・
お母ちゃんは朝「混ぜるだけ~♪」のお寿司を作りました
アタシももちろん食べました^^
セカンドバースデイ

4月9日に寄せて

前略、お父ちゃんとお母ちゃんへ
今日はアタシがお父ちゃんとお母ちゃんの娘になった日だね
誕生日と同じぐらい大切なセカンドバースデイ
オモチャを買ってもらって
ご馳走を食べさせてもらう日だったよね
でも、7回目のセカンドバースデイはないんだね
アタシが自分をリセットしちゃって
勝手に虹の橋観光に来ちゃったから
セカンドバースデイのお祝いはなしだよね
お父ちゃん お母ちゃん ごめんね
4月9日までにはお家に帰ろうと思っていたんだけど
虹の橋があんまり楽しいからつい長居しちゃった
でも、お父ちゃんやお母ちゃんのこと忘れたわけじゃないよ
虹の橋で遊んでいたっておうちのことも忘れてないよ
だから淋しがらないで
いつまでも泣いてちゃダメだよ
アタシね 今、荷造りしているところなの
虹の橋まんじゅうを買っておうちに帰るよ
きっと、きっと、帰るから
大丈夫 帰り道はちゃんと分かってるからね
満開の桜を目指して ちゃんと帰るよ
前よりもずっとずっと元気になって帰るからね
だから お父ちゃんとお母ちゃんも元気に待っていてね

                       さくら




こんな手紙が届いたらどんなにいいでしょう
さ~ちゃん 信じて待ってるから
ちゃんと桜を目印に帰っておいでね


さくらにとって最後のセカンドバースデイだった去年の4月9日
その日の写真をここに貼ろうと思って探してみたら
なんと1枚も撮っていませんでした
どんな時でも1日1枚は撮り続けていたのに
信じられない思いです
でも、現実なんですね
わたしは大切なさくらのセカンドバースデイ
しかも最後のセカンドバースデイに写真を撮り忘れました
どうしてそんなことになったのかも分からない
悔やんでも悔やみきれないけれど
もう取り返しはつきません
人が聞いたらバカらしいと思われるかもしれませんけど
こんなことでも涙が止まらなくなります
自分を責めてしまいます
バカだなぁ、と思う理性もありますが
それでも自分を責めてしまいます
こんなことでは さくらは戻ってきてくれませんね
さくらが帰って来たくなるような
明るいお母ちゃんにならなくてはね
優しくて美しくて若い素敵なママにならなくてはね…

腑抜けてます

AHO母が・・・
フィギュアスケートの世界選手権が終わって
完全に脱力状態みたいです
いつも邪魔をしていたアタシがいないから
思う存分スケートを楽しんだのかと思っていたら
なんと今年は女子のフリーは見なかったらしい
エキジビションも見ないつもりらしい
高いお金払ってJスポーツ4を契約したから
そっちで観るんだってさ~
まあね 真央ちゃんの結果を知ったら
フジの放送なんか怖くて見る気にもならないよね
真央ちゃんの演技自体はネットで観たからもう満足らしいしね
採点は色々と納得いかなかったけど
日本選手はみんなよく頑張ったし
大好きなジュベール選手が見事に復活したし
相対的にはいい試合だったと思うよ
だからさ~
お母ちゃんもいつまでも落ち込んでないで
元気出してちょーだいね^^;
元気を出して
部屋の模様替えの続きをしてちょーだい!
いつから放置してるのかも分かんないぐらいだよ~><

3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1128ページ
ナイス数:29ナイス

すれちがうとき聴いた歌すれちがうとき聴いた歌
30分もあれば読み終われる大人向けの絵本?少しずつ登場人物が繋がっているオムニバスな短編というよりショートショート なにか不思議な雰囲気で気がつけばぐるりと一周して終わってました  キャッチボールする話がまあまあ好きだったかな? 全体的にちょっとアンモラルなムード偏重ストーリー 
読了日:03月22日 著者:枡野 浩一
恋する絵画 (怪異名所巡り)恋する絵画 (怪異名所巡り)
シリーズ最新作、ようやく図書館にて借り出し 相変わらず勧善懲悪とならないところがちょっと不満なんだけど、人間って結局は赦すことで幸せになれるんだって思えばこれでいいのかな~ ここに出る幽霊ってみんな最後は優しくてあったかいんだよね やっぱり一番怖いのは生きてる人間だね
読了日:03月21日 著者:赤川 次郎
蘭陵王蘭陵王
やっと読み終わった~長かった(笑)面白いのは面白いんだけど人名の読み方がすぐに分からなくなってルビ振ってある部分を探して後戻りを繰り返す、なんて読み方ではイマイチ物語に没入出来ない(汗)銀英伝でファンになりアルスラーン、マヴァール等々読みふけり「白夜の弔鐘」まで読んだけど創竜伝の途中でちょっと思想についていけなくなって以来20年振りぐらいに読んだ田中作品 特にどうということもないサラッとしたお話 名前しか知らなかった蘭稜王のことがよく分かったけど、どこまでがフィクションなのかな~?(笑)
読了日:03月20日 著者:田中 芳樹
使命と魂のリミット使命と魂のリミット
読みやすく、読後も爽やかと言うべきなのだろうけど、なんか良い子過ぎるな~という気が・・・現実社会に「医は仁術」なんて医者がどのぐらいいるんだろう?確かにこういう医師であって欲しいけど、不倫の相手と謀って夫を死なせる医者の方がリアルな気がする 島原だって事情を知っても反省なんかしない気が… 社会で責任ある地位にいる者はそれなりに人格者だって言ってるみたいな話だったけどそれなら今の日本はもう少しマシだったんじゃないかな?人が使命を持っていたのは大昔の話って感じ わたしの考えが歪んでるのかな(汗)穣治と望は好き
読了日:03月09日 著者:東野 圭吾

2012年3月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

Top

HOME

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます