黒柴さくらの母ちゃん観察日記!from「虹の橋」~ろばの耳~

一歩前進

明日(12月1日)はアタシの四十九日なんだってさ~
これって「しじゅうくにち」って読むのよ
「よんじゅうくにち」じゃないのよ 
アタシが旅に出て7回目の7日目なんだってさ
なんだかややこしくて面倒くさいけど
お父ちゃんとお母ちゃんにとっては大事な日だったみたいね
当日はお父ちゃんが仕事でダメだからって言って
今日、お寺へお参りに行ったわよ
この間も「四十九日の法要」とかなんとか言ってたけど
あれとはまた別みたいね~
あの時は チーミー母さんも来てみんなでご馳走食べてたけど
今日はご馳走とかは食べなかったみたい
アタシへのお土産もいつものジャンクなおやつじゃなくて
可愛い花束だったわ
花束
これはね お父ちゃんとお母ちゃんが選んでくれた
ピンクのガーベラを中心にお花屋さんが作ってくれたのよ
アタシらしい華やかで可愛いお花だと思わない?
おやつもいいけど たまにはこういうのもいいわね
お寺は紅葉真っ盛りでキレイだったわよ
下手な説明はいらないぐらいキレイだから
お母ちゃんの撮った写真だけドーンと載せちゃうわね
階段紅葉を敷き詰めた石段
山門山門
不動明王青不動明王の背後で燃える炎みたいな紅葉
大イチョウ駐車場から見た大イチョウ はじめてテッペンが見えた~^^
駐車場からこれは駐車場の傍
今日は暑いぐらいの好天で紅葉もキレイに見えました^^
さすがはお天気わんこと呼ばれたアタシの四十九日だけあるでしょ
お寺の後で公園へ行ったのよ
お母ちゃんはハトとカモを餌付けでもするつもりなのか
わざわざスーパーで大袋に入ったポンポン菓子を買っていったのよ
それでもって そのポンポン菓子を全部!全部撒いたの!!
全部よ!!!
何を考えているんだか…
そしたらハトとカモはもちろんだけど
近くで遊んでいた親子連れの子供の方がワラワラと群がってきて
クレクレ光線を発するもんだから
嬉しがってどんどん配ってるんだもの
よその子を餌付けしてどうするの?って 一瞬焦ったわよ アタシは…
でも、子供たちも自分で食べるんじゃなくて撒いてたから
ホッとしたんだけどね^^;
お母ちゃんは相変わらずのAHO振りを発揮して
ハトを足元に集めて大喜びしていたわ
靴の上にまで乗ってくるのが面白かったみたいよ
ハトハトハト!
「さ~ちゃんがいたら絶対に出来ないよね~」なんて言っちゃってさ・・・
なんかムカつくから こっそり後ろから近づいて
ハトを追い払ってやったわ
お父ちゃんとお母ちゃんの驚いた顔ったら…(*`▽´*)ウヒョヒョ
 

追記 Akikiより
ハトは人や犬に慣れていて、さくらと一緒でもある程度は集まってきます
でも、さくらは ハトたちが集まってきたのを見計らっては
バビュンッと襲いかかる振りをして蹴散らしていました><
今日 なんでもないのに突然エサを食べていたハトの群れが
バサバサッと逃げて行ってしまい
まるでさくらが追い払ったみたいでした
ハトがいなくなると それまで遠慮していたカモたちが
池から上がって来ます^^
カモだけ
さくらはハトよりカモの方が好きなのかな?
そういえば「かも鍋」が大好きだったからな~ (~_~;)

四十九日をひとつの区切りとして
明日からは少しずつさくらの物を片付けていこうかと思っています
手始めに洋服とオモチャから…
それから…
夜、居間のさくらの傍で寝るのも止めようと思います


スポンサーサイト

思い出は…

とかく美化されやすいものだわ~
さくらは最高の黒柴だった
美しく 賢く 優しい
飼い主であるわたしたちだって 
柴飼い初心者にしては結構いい仕事してたよね
などと……

確かに赤ちゃんさくらは「黒い悪魔」だったけど
そんなのほんの一時のことで
すぐにいい子になったよね~
育てやすい子だったわ~
なんて思い出していたんだけど…
さくらの幼いころのビデオとか観ていたら
わたしが記憶しているほど賢くもなければいい子でもなかったり…
父ちゃん母ちゃんの方も
わたしたち、ここまでAHOだったのか…とガックシしたり…
人の記憶ってかなり都合よく改ざんされてるものですね^^;

でも、可愛いってことだけは間違いないんですけどね^^


ちゃんと教えてね

昨日の夜遅く
さくらを譲っていただいたブリーダーさんのサイトで
黒柴の女の子を見つけた
さくらとは似ても似つかない可愛い赤ちゃん
でも 誕生日が10月14日
さくらがいなくなった次の日
大急ぎで戻ってきてくれたのかな?
自分が生まれた故郷の犬舎に戻ってきたのかな?
どうなんだろう?
昨日の朝 
四十九日の合同法要も終わったことだし
そろそろちゃんと前を向いて生活をはじめないとね
って、夫と話し合ったばかりだったから
その日の夜に出会ったこの子にちょっと運命を感じた
でも、今朝になってサイトを覗いてみたら
もういなかった・・・
一晩のうちにいなくなっちゃった
きっと さくらじゃなかったんだね

さ~ちゃん もっとちゃんと分かるようにしてくれないと・・・
お母ちゃんはAHOだから間違えちゃいそうで怖いよ

四十九日合同供養祭

青空
一昨日から続いた雨が明け方には完全に止み
きれいな青空となった今日
龍蔵寺さんの合同供養祭へ参列してきました
10月に亡くなった子と今月年忌を迎える子の合同供養です
何人ぐらいの方が集まるのかな?と思っていたら
本堂に集まった方の人数は100人近かったかもしれません
さくらと同じく四十九日を迎える子だけでも数十匹
一周忌や三回忌、七回忌などの子を加えるとかなりです
中には十三回忌や十七回忌という方もありました
いつまでも大切に悼んでもらえて幸せですね
供養される子たちの名前が本堂前に掲示されています
名前
ここに写っている倍以上の名前がありました
その全ての名前を読経の際に読みあげていただき
さくらの名前を呼ばれた瞬間
夫もわたしも泣いてしまいました
でも、他にも泣いている方がたくさんいらっしゃって
恥ずかしいとかいう気持ちはありませんでした
お説教も優しく温かいお話で涙がこぼれました
供養祭の後は一緒に参列してくれたチーミー母さん(わたしの姉)と3人で食事です
龍蔵寺名物の精進料理を頂いてきました
なんと個室です!
部屋
お料理はコチラ↓
精進料理
写真を撮った後から「こんにゃくの田楽」と「きのこのかき揚げ」が出ました
食べるのに夢中で写真を撮り忘れちゃいましたけど・・・^^;
本格的な精進料理をいただいたのは初めてでしたが美味しかったです
2日前に予約が必要なのですが また行きたいと思いました

まだ早い紅葉
紅葉にはまだ少し早かったのですが
もう団体さんを乗せた観光バスが何台か出入りしていました
来週、お参りする予定の木曜日ぐらいが見ごろかな?と思っています
今日はさくらがわたしたちにくれた秋のいい一日でした
そのお礼は手作りの鶏ハムと砂肝ジャーキーです^^
「さ~ちゃん、すこしちょうだいね~」などと言っては
夫がチマチマと横取りをしています^^

海響館 その2

昨日の海響館のお話の続きだよ~
お母ちゃんはキングペンギンの大きさにビックリだったけど
大きいだけで全然動かないから そこはガッカリ
他のお客さんも 全然動かないキングペンギンを見て
「あれは置物じゃない?」なんて言ってたよ^^;
反対にチョコマカと動いて可愛かったのはコチラ↓

ジェンツーペンギンだよ
この子たちは水中でもすっごく元気!
鳥が飛んでいるみたいにキレイに泳いでいたよ
それから
お母ちゃんがすごーく気に入ったアシカとイルカのショー
好きな子が出来たアシカ君に
イルカのお姉さんたちが恋のレッスンをするお話だそうです
今流行りの「婚活」なんだって~
どうやったらカッコいいと思ってもらえるか
イルカのお姉さんたちの特訓を受けるアシカ君です
ほんの一部分だけご紹介

これは午後1回目のショーなんだけど
お父ちゃんもお母ちゃんも あんまり楽しかったものだから
午後の2回目まで見てしまいました
その時は アシカもイルカも役者(っていうのか?)が交代していて
演技も微妙に違っていたから 見て正解だったと大喜びの2人
そのせいで家に帰ったらもう夜でした~

晩御飯は簡単におうどんで済ませよねってお母ちゃんが言って
アタシも一緒におうどんを貰いました
かまぼことワカメがのってるおうどんでした^^
 
みんなも機会があったら海響館へ行ってみてね~^^
なんて宣伝しても ギャラはもらえないんだけどね^m^
 

それから…あのね
ほんのちょっぴりでも見に来てくれる人がいてありがたいから
お母ちゃんが「ろばの耳」の旧館にアタシのムービーを載せてくれたよ
まだおチビの頃のアタシなんだけどね・・・

海響館

市立しものせき水族館「海響館」へ行ってきたよーっ!
お魚たくさん見ている内に
お刺身が食べたくなった我がAHO母!
お昼はカモンワーフの中の回転ずしに行ったよ
なんだかちょっとね~

可愛かったのは…
スナメリ
スナメリ

ペンギン
キングペンギン 置物?
これはキングペンギン(皇帝ペンギン)
らんぷ~ちゃんのママがくれたぬいぐるみと一緒だよ
本物はすっごく大きくてビックリしちゃった~
アタシより大きいかも><

ゴマフアザラシ
これはね~ 写真が上手く撮れてなかったの ごめんね


楽しかったのは…
ゴマフアザラシのぱっくんタイム
スナメリのプレイタイム
アシカとイルカのショー

アシカとイルカのショーはすっごく楽しくて
なんと2回も見ちゃいました^^
お父ちゃんもお母ちゃんもすっごく喜んで
いっぱい笑ったから アタシも嬉しかったの
ムービーいっぱい撮ったから
その内にお母ちゃんがyoutubeにUPするから 見てやってね^^

トリックアート展

昨日、お父ちゃんとお母ちゃんがお出かけしました
トリックアート展というものに行ったの
もちろん、アタシも一緒に行ったわよ
たくさん写真を撮って来てたから
みんなにも少し見せてあげるね
まずは トラとカバンを取り合うお父ちゃん
虎
次はトリケラトプスから子供を守るママさん
トリケラトプス
この方、名前も知らない通りすがりさん
でも、赤ちゃんがとっても可愛くて
みんなが写真をパチパチ撮ってたみたい
アタシがいたら可愛さでは負けなかったんだけどな~ 残念だわ
え?アタシは入場できないの?
なんで?可愛すぎるから?
まあ、いいわ それはおいといて…
次は図々しくシンデレラ気分になってるオバサンよ
かぼちゃの馬車
よく見たら うちのAHO母だわ!
呆れちゃうわね~ 笑うしかないわね
最後はキリンよ
きりん
お母ちゃんはキリンが好きだから これはよかったわね
他にもたくさん写真があったけど このぐらいにしておくわね
2人が楽しそうでアタシも嬉しかったわ
今日は朝から下関市立水族館「海響館」へ行ったのよ
近頃はアタシも「ペットお断り」とか言われなくてホントに便利
水族館もすごーく楽しかったから
またゆっくり報告するわね
 

13日と14日

さくらがお空へ行ってから一か月が過ぎました
辛かった夏の名残の暑い日も終わりすっかり秋です
随分と普通の生活を取り戻してきはしましたが
毎週 水曜日と木曜日は少し気持ちが落ち込みます
そして13日・・・さくらが旅立った日です
朝から気分が落ち込んでしまってちょっと泣いちゃいました
でも、気を取り直して!
さくらのためにササミのジャーキーを作りましたよ
新しいお花も買ってきて…
みなさんから頂いたお花に加えて賑やかです
13日

それからアルバム用の写真を印刷しました
こちらは本日14日に完成
さくらの5歳9か月の誕生日プレゼントになりました
アルバム「さくら2011」
2011年のさくらが40枚 入っています
これから少しずつ1年1冊で作る予定
使用したのはサンワサプライさんのアルバム作成キットです コチラ
作るのはちょっと難しかったけれど なんとか満足のいく出来になりました
昨日は気持ちが落ち込んでいたのだけど
今日は元気を出して…
今夜はさ~ちゃんの好きなマカロニのトマトソース煮を作ろうね^^


ワンワン!ワンワン!ワンワン!

昨日はアタシの日だったんだって!
どうして?って思っていたら・・・
2011年11月11日・・・11.11.11
つまりワンワンワンワンワンワン
チョーうるさい犬の日だってさ
失礼しちゃうわね!(怒)

お花をもらったの

あのね
水曜日におばあちゃんちへ行ってきたの
アタシは小さなペンダントに入って
お父ちゃんとお母ちゃんの首にぶら下がって行ったんだけど
何を勘違いしたのか
お母ちゃんはアタシが留守番だと可哀そうとか言って
写真と愛用のカラーを一緒に持っていったの
そしておばあちゃんちで写真を見せたら
おばあちゃんったら自分が貰ったんだと勘違いして
その写真をさっさと飾っちゃって・・・
「え?帰るときには連れて帰るんだけど・・・」って
お母ちゃん ちょっと焦ってたよ
相変わらずAHOでしょ?
写真はアタシじゃないのにね~
でも結局 おばあちゃんにプレゼントすることにして
写真はおいて帰ってきたからいいんだけどね^^;
おばあちゃんはアタシへのお土産にお花を買ってくれました
おばあちゃんからもらったお花
バラの花と小さなブリザーブドフラワーを買ってもらっちゃいました
右端に写っているオレンジ色のブリザーブドフラワーは
シュウ君のママときららちゃんのママからもらったの
おばあちゃんがくれたお花の隣にあるクマさん付きのは
団地のお友だちハナちゃんのママがくれたの
中央の写真はお母ちゃんがまた新しく飾ってくれました^^;
それから昨日のことなんだけど
おばあちゃんちから帰ったら 
アニコムからこれが届いたの
アニコムのお花
未経過分保険料の還付通知に添えられていたお手紙とお花よ
これを見たらまたお父ちゃんが泣いちゃいました
お母ちゃんも一緒に泣いちゃって・・・
本当にこの泣き虫には困ったものです
でも、最後の入院保険金の受け取りも済んだし(66,280円でした)
これで全ての事務手続きが終わったので
市役所に届けを出して気持ちを切り替えなくてはね、とも言ってました
アタシもこれで少し安心できます
20日にある合同法要にはチーミーさんの母さんやお姉ちゃんも来るかも…
みんなお寺の精進料理に興味があるみたい
美味しいって有名なんだってさ~
みんながアタシを言い訳に楽しい思いや美味しい思いをしてくれるなら
それはすごく嬉しいことだって思う
そんなアタシって本当に優しいいい子だと思いませんか?
もうね 虹の橋でもモテモテで困っちゃうのよね~
ファルコンさんっていうステキなおじ様ともお知り合いになったわよ
他にも懐かしいお友だちに会えて楽しんでます^^
ていうことだから・・・
もうしばらくこっちでゆっくりするけど
みんなー
うちのお父ちゃんとAHO母をよろしくね~^^

追記 Akikiより
さくらのお手紙を紹介した直後届きました!
IMG_5754.jpg
さくらと同じ「乳び胸」の手術を受け
さくらの分まで力強く生きてくれている赤柴ガール、リオちゃんのママ(みいこさん)からです
メッセージカードの一言できっと嬉し泣きする父ちゃんが見られることでしょう^^

ペットショップへ行きました

さくらの遺灰の一部が納められているお寺へ
週に一度お参りしています
お土産に持って行くのはお安いわんこおやつ
大抵はチキンが使ってあるのでアレルギーのさくらは食べられなかった
そうでなくても添加物が怖くて食べさせていなかった
そんなお手頃価格のおやつです
他のわんこさんたちが食べているのを見て
いつも羨ましそうにしていたから・・・
毎週、何かしら持っていくことにしています
そんなおやつを買うためにペットショップへ行きました
市内の商店街に新しく出来たお店です
店内に入った途端 息を止めたくなる悪臭
ショーケースの中にはなんと小さく裂いたトイレットペーパーが敷いてあります
当然ながら 口に入れてしまっている子も・・・
そして 見つけた赤柴わんこちゃんのケースの床は
床にこすりつけられたウンチの跡がトイレットペーパーの隙間から見えています
どうみてもちゃんと掃除をした感じではありません
食べちゃったのかも・・・
そして その子のケースの下段には黒柴わんこちゃんです
小さな小さな女の子がまぁるくなって眠っていました
いつも行くショップでは必ずケースの中に毛布があります
小さなおもちゃも入っています
でも、ここにはそんなものは何もありません
どの子もトイレットペーパーの切れ端に埋もれるようにして眠っています
黒柴ちゃんもケースの壁に体を押しつけるように眠っていました
まだお母さんの温もりが恋しい赤ちゃんが毛布もなしで眠るなんて
あまりにも可哀そう過ぎて涙も出ませんでした
この子をここに置いて帰るなんてイヤだ!連れて帰りたい!
そう言うわたしに対して夫は冷静です
「このお店の子 全部連れて帰らないとダメじゃない?」
「他にもこんなお店あると思うけど それはどうする?」
日本中の劣悪なペットショップの子をみんな連れて帰るなんてこと
わたしが億万長者でもできませんね・・・
結局、こういうペットショップを無くすことが一番なのですね
でも、ペットショップでペットを買う人がいる限り絶対に無くなりません
だからペットショップで買っちゃダメなんでしょうね
「絶対にペットショップで買ってはいけない!」
強い口調でそう主張する方もありますよね
ペットショップを無くすために ペットショップで買わない
そういう意見も確かに一理あると思います
でも、わたしはちょっと違う
ペットショップを無くすのは国の仕事です
法律でペットショップでの生体販売を禁止するべきです
その法律を作ってもらうために署名運動などするのはいいと思います
でも、不買運動はどうなのでしょうか?
だって、今現在ショップにいる子たちはどうなるの?
ペットショップを無くすために不買すれば
今ケースに閉じ込められている子たちは行き場を失います
悪質なペットショップは潰れればいいと思います
でも、そのために不買したら その店の子はどうなる?
だからといって その店の子を買ったら
お店はいつまでも続いていきます
こんな苦しく辛いジレンマがあるでしょうか?
この不幸な連鎖を断ち切ることが出来るのは法律だけです
早く生体販売を禁止する法律を作って欲しい
そして1年ないし2年の猶予を設けて施行して欲しい
その間にペットショップやブリーダーは淘汰されればいいと思う
そして、今ケースにいる子たちにはステキな家族が見つかればいい
あの小さな黒柴ちゃんと他の全てのパピィたちに幸いあれ!
何もしてあげられないこのオバサンをどうか許してね・・・

こんなの食べたかった

この間、お母ちゃんにこんなの貰いました

ジャンクなおやつ

もうアレルギーとか関係ないし
ジャンクフードだっていいかもね
だってさ~
案外分かってるじゃない?
その調子でどんどん色んなおやつちょうだいよね




アレルギーもあるけど色々な添加物が心配で
さくらには食べさせたこともなかった安いおやつ
でも、本当はこういうのも好きだったんでしょうね(Akiki)

10月に読んだ本

10月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2015ページ
ナイス数:66ナイス

ちあき電脳探偵社 (PHP文芸文庫)ちあき電脳探偵社 (PHP文芸文庫)
おもしろかったです。
読了日:10月31日 著者:北森 鴻
阪急電車阪急電車
出だしは特にどうということもなかったのに一駅進むごとにどんどん引き込まれて行き、結局一気に往復しちゃいました 一番好きだったのは孫に甘くないおばあちゃん、そして情けない男たちにバイバイして新しい一歩を歩きだした二人の女性 それにしても同じ男なのにどうしてこうも違うかな~ まあ、女もそれぞれって言われたらそうなんだけど… 
読了日:10月29日 著者:有川 浩
告白告白
愛娘を殺されたことに関しては同情するけれど、他人に対してここまで残忍になれるのはどうなのかとも思う 自分の手で犯人を殺したのなら理解できるし、情状酌量の余地もあるけど自分だけは安全な場所にいて他人を犠牲にしながらの復讐はもう復讐とも言えないのでは?ただの卑劣な犯罪でしかない わたしに言わせれば信仰の名を借りて自分の欲望を満たす悪辣なテロリストと同じ この女性教師こそが最も許されざる者 この後、どのように自分を罰したのか?それとも黙って逃げたのか?そこが書かれて初めてこの小説の意味が決まるような気がする 
読了日:10月27日 著者:湊 かなえ
なかよし小鳩組なかよし小鳩組
猪熊嬢についてはちょっと都合よ過ぎ でもこのぐらいご都合主義でないと主人公の人生がここで終わっちゃいそうなピンチでしたからね 仕方ないか(笑) ラスト、未来になんにも明るい展望が見えない主人公がそれでも死に物狂いで生きていくんだな~と思うとこっちも負けてちゃダメだな、って感じでした
読了日:10月24日 著者:荻原 浩
紙魚家崩壊 九つの謎紙魚家崩壊 九つの謎
色んなタイプのお話詰め合わせできっと1つは好みに合うお話が見つかりそう わたしは「白い朝」「サイコロ、コロコロ」「おにぎり、ぎりぎり」が好きでした わたしの好きな北村薫作品らしい風情があると思います
読了日:10月19日 著者:北村 薫
そこへ届くのは僕たちの声そこへ届くのは僕たちの声
恩田陸氏の「常世物語」を思い出さずにはいられない 「遠話」って、もしかしたら遠い昔にはみんなが持っていて世の中が便利になるにつれて失われていったのかもしれない力かも…魔法のように荒唐無稽なおとぎ話ではなくあり得るかもしれない不思議な話 今は大人になった姪っ子が幼い時わたしたちには見えないたくさんのお友だちと会話していたのを思い出した 彼女曰く「大きくなるにつれ1人ずついなくなってしまった」だそうでただの空想じゃなかったらしいのが…^^; 主人公たちが、決して順風満帆ではない普通の人生を送るのも逆にいい。
読了日:10月11日 著者:小路 幸也
夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女
最近は忙しくて毎日寝る前に少ししか読めないので時間かかった ごく普通の大学生の片想いの話に見えて実はなんとも摩訶不思議な世界の物語 読んでいるこっちまでフワフワと空中飛行しちゃいそうな…もりもりご飯を食べる黒髪の乙女の可憐さときたらわたしが男でも世界ポーッとする選手権に出られそうな気がするな~
読了日:10月08日 著者:森見 登美彦
竜の眠る星 (5) (花とゆめCOMICS)竜の眠る星 (5) (花とゆめCOMICS)
輝夜姫に続き、今になって全巻初読 
読了日:10月01日 著者:清水 玲子

2011年10月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

Top

HOME

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Akiki Ukky

Author:Akiki Ukky
黒柴さくら
2006年2月14日生まれ
ただ今「虹の橋」観光旅行中
お空はアレルギーも病気もなくて快適快適!
でも、時々はお父ちゃんとAHO母に手紙でも出そうかしらね~

QR

この人とブロともになる

1日1回のクリックが反映されます

ポチッとしていもらえるとさくらが喜びます